ライフプラン作成・生命保険・住宅購入・資産形成・相続のご相談を通じて生活設計をサポートします

FP花園の紹介

東京相談室

話題のニュースから 自営業者の「働けなくなった時の備え」、どう準備する?【FP花園メルマガ】<2019年11月27日号>

2019/11/27  【メルマガ一覧へ戻る

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

※お財布救急隊のHPが新しくなりました!
  新たなスタッフも加わり、ご相談も全国対応可能です!

 

★ライフプラン作成はこちらから★
http://www.fp-hanazono.jp/s_lifeplan.php


★生命保険相談★
http://www.fp-hanazono.jp/s_insurance.php


●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

東京(日本橋)・千葉・大阪・北海道でご相談ができます。

 

初回無料カウンセリングを始めました。

 

ご相談者の頭の中の整理や相談の方向性を
見出すためのものとなっています。
有料相談を申し込む前にご活用ください。

 

※初回無料カウンセリングだけで終了しても
費用の発生はありません。

 

https://www.fp-hanazono.jp/free_consultation.php

 

____________________________________

 


おはようございます、東京相談室の川井です。

 

自営業やフリーランスの方の相談を受ける時に
必ずと言ってよいほど聞かれるのは、

 


「働けなくなった時の保険がほしい」

 


というご要望です。

 

どうして自営業の人は働けなくなった時の保険に
入りたいのでしょうか?

 

働けなくなった時の保険は、どのように選べば良いか
考えてみたいと思います。

 

 
----------------------------------------------------------------------------

 
【話題のニュースから】

 自営業者の「働けなくなった時の備え」、どう準備する?

 

----------------------------------------------------------------------------

 

 

「会社を辞めて独立したので、
働けなくなった時の保険を紹介してほしいです。」

 


自営業の方からよく相談される内容です。

 

働けなくなった時というのは、多くの人が
「入院した時」を想定しています。

 


ですが自営業だから病気になりやすかったり、
入院しやすい訳ではありません。

 

自営業者が働けなくなった時の保険が欲しい理由は
大きく二つです。

 


1.運転資金が欲しい

 

例えば銀行からの借入金がある場合、
入院して休業中も返済は待ってくれません。

 

毎月の返済にかかるお金や、店舗や事務所がある人は
家賃・光熱費など、会社員には必要ない固定費の支払いを
補うために保険があると助かります。

 


2.生活費が欲しい

 

入院中に売り上げが落ち込むと、プライベートの生活に
必要なお金が不足する可能性もあります。

 


働けなくなった時の保障は、

 

「短期」 「中期」 「長期」

 

と時間軸を分けて考えると、どういった保険に入ったら
よいかがわかりやすいくなります。

 


例えば短期の保障は、
会社員でいう「有給」の代わりになるような保険です。

 

もし治療で1カ月休業することになったら、
1カ月分の収入の代わりになるお金がもらえる保険です。

 

これには医療保険が適しています。

 

医療保険の中でも「入院一時金」の保障のある保険です。

 

1日入院したら30万円もらえ、
1カ月経過してまだ入院中であればさらに30万円。

 

というようなしくみで、最大で3~4カ月分くらいの
働けなくなった時の保障(入院一時金)があれば、
有給の代わりには十分だと思います。

 

一時金の額は10万円~40万円の間で選択できる保険が多いです。

 


余談ですが、
入院一時金のある医療保険は、日額〇〇円という医療保険に比べ、
支払う保険料が高いことが多いです。

 

ですが視点を変えると安く準備することもできます。

 


今となっては当たり前の

 


「医療保険は一生涯の終身保障」

 


という概念を捨てて、

 


「働けなくなった時の保障なので現役の間だけの定期保障」

 


という定期の医療保険を選ぶと保険料は各段に安くなります。

 

医療費の備えは終身保障の医療保険、
働けなくなった時の備えは定期保障の医療保険の
組み合わせがお勧めです。

 


次に中期の保障です。

 

中期の保障は会社員でいう「傷病手当金」の代わりに
なるような保険です。

 

会社員は働けなくなった時にまず有給を消化します。

 


その後も復帰が難しい場合、
最長で1年6カ月間、賃金の3分の2相当の傷病手当金を
受け取ることができます。

 

傷病手当金は、社会保険に加入していない自営業者や
フリーランスにはありませんので、これに代わる保障として
「所得補償保険」という商品があります。

 

契約時に予め設定した免責日数(1週間など)を超えて、
働けない状態が続いた時に毎月保険金がもらえます。

 

医療保険の一時金と同じく、
10万円~40万円程度で設定することが可能です。

 


所得補償保険は、働けない状態が続く限りは最長で2年間程度、
保険金を受け取ることができる保険が多いです。

 


最後の長期の保障です。

 

会社員が加入する社会保険には、「厚生年金」があります。

 

年金というと65歳からもらう老齢年金がイメージされますが、
病気やケガが完治せず身体に障害が残った場合、
障害の程度(等級)に応じた「障害年金」も
受け取ることができます。

 

障害年金の額は、
国民年金のみに加入している自営業者・フリーランスよりも、
国民年金+厚生年金に加入している会社員の方が多くなります。

 

そこで、長期の保障の不足分を補う保険を2つ紹介します。

 

まず一つ目は「収入保障保険」です。

 

中期の保障の所得補償保険と名前が似ていますが、
全くの別物です。

 

収入保障保険のメインの保障は、
死亡した時に毎月30万円など予め設定した保険金が
遺族に払われるものです。

 

これにオプションを付けると、障害状態になった時や、
生活習慣病で重い症状になった時にも保険金が受け取れ、
働けなくなった時の備えができます。

 

収入保障保険は、
契約期間が65歳や70歳までなどの長期になるため、

 

「身体に障害が残って復帰できない」

 

「病気が良くならないので廃業する」

 

という状況になっても、長い期間保険金を
受け取ることができます。

 


もう一つの保険は、

 

マイホームがあって住宅ローンを返済中の人限定です。

 

「疾病保障付きの団体信用生命保険」という保険があります。

 

住宅ローンとセットで契約する団体信用生命保険(団信)は、
ローンの契約者が死亡すると返済が免除になります。

 

つまり、住居費の負担がなくなります。

 

団信には、死亡時のみ返済が免除になるものと、
生活習慣病等の病気でも返済が免除になる
「疾病保障付き団信」があります。

 

収入保障保険のように、
毎月保険金がもらえる訳ではありませんが、
住居費という支出を消すことができるのが団信の強みです。

 


今は金利も過去最低まで下がっているので、
死亡時のみの団信に契約していた人が、住宅ローンを
借り換えて疾病保障付きの手厚い団信に変更したのに、
金利が下がり、返済額も下がるというケースもあります。

 

マイナス金利が始まった2016年2月より前に住宅ローンを
契約した人は、住宅ローンの借換もぜひ検討してみましょう。

 

 

 


____________________________________


【お知らせ】

 

初回無料カウンセリングを始めました。

 

今回のメルマガ執筆者に相談するには
東京相談室(日本橋)で承っています。

 

カウンセリングはご相談者の頭の中の整理や
相談の方向性を見出すためのものとなっています。

 

有料相談を申し込む前にご活用ください。

 

※初回無料カウンセリングだけてで終了しても
費用の発生はありません。

 

https://www.fp-hanazono.jp/free_consultation.php

 

 

 

 

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

※お財布救急隊のHPが新しくなりました!
  新たなスタッフも加わり、ご相談も全国対応可能です!

 

★住宅購入相談★
http://www.fp-hanazono.jp/s_house.php


★住宅ローン借換相談★
http://www.fp-hanazono.jp/s_loan.php

 

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

FP花園営業所

空き家・留守宅管理
空き家・留守宅管理
401k投資教育セミナー
オーダーメイドセミナー
便利屋・電気屋さんサービス
採用情報
メルマガ登録